--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
at --:--:-- | スポンサー広告
2012/03/25.Sun

  Σ(゚д゚;)  そんなのナイジェルマリー(泣)

BONESシーズン6。
22話、最終話を見終わりました。
で、22話見終わった感想が本日のタイトル。

タイトルはふざけてるけど

見ながら泣いてしまった・・・

ナイジェルマリー君、助手の中で一番好きだったのに・・・


す~んごいはしょりますが。

ラボで作業中ブースの電話に出たビンセント(ナイジェルマリー君)が狙撃されます。

「僕はここが好きだからここにいさせてください」と懇願するビンセント。
そんなビンセントに「ここにいてちょうだい、いつまでもいていいのよと」ブレナンは何度も必死に呼びかけます。
「あなたは私のお気に入りだもの」って。
そのまま息を引き取るビンセント。
犯人は墓堀人も殺したブロードスキー。
自分の計画にジャマなブースを殺すはずがブースを特定する携帯を持っていたビンセントがかわりに・・・。
落ち込むラボのメンバー。
自分の家に泊まるようブレナンに言うブース。
明け方ブースのベットルームに入ってきたブレナン。
ビンセントの最後の言葉が気になって、自分はそんなに酷い事をしていたのかと落ち込む。
そんなブレナンに「あの言葉は君にではなく宇宙にお願いしてたんだ」って。
それでも「神様がいるなら私達からビンセントを離すわけない」と泣くブレナン。
そんなブレナンを抱きしめるブースなのでした。

悲しいシーンだけどブレナン、すごく変わったなって思いました。
そしてここまで泣きっぱなしの私。

いつものチームプレーでブロードスキーを逮捕。
殺すこともできたのにしっかり自分の正義をつらぬいたブース。

途中、ブレナンがアンジェラにブースとベットに入ったと告白するシーンのアンジェラが(笑)
ジャックがすごい発見伝えにきたのに「カムの所に行け」と追い出す(笑)
いつもみたいに騒がないアンジェラに「?」なブレナン。ビンセントの事があったばかりなのに騒げないと。
微笑む(ニヤッと?)するブレナン。

で、結局どーなったのよ!っと思ったのは私だけ?
アンジェラのセリフ、「ハレルヤ」と言ってました。
「ハレルヤ」か。アンジェラにしてみたらブースとブレナンの進展はす~ごく大事なのね。

最終話、事件も解決、予定日過ぎても産まれる気配なく食べ物にハバネロかけてたアンジェラもついに出産。
陣痛に苦しむアンジェラ、お医者さんにもかなり汚い言葉を投げてました(笑)
さすがあのパパの娘です。
子供を抱いて出てきたジャック。
「マイケル・スタッカート・ビンセント・ホッジンズ」と息子を紹介します。
ここでまた涙が・・・
「ビンセント」を息子の名前に入れたアンジェラ・ジャック夫婦。
すったもんだもあったけど素敵な夫婦です。

そして・・・・

最後に爆弾投下。

ブレナンまさかの妊娠発言!
きゃぁ~!やっぱり、あの晩そんなことになっていた・・・

ブース、固まった顔から笑顔になりブレナンも笑顔でシーズン6は終了。

もう、TV観ながら「いや~」と叫んでしまった(笑)

どうもラブラブ(になるのかあの2人で?)な始まりらしいシーズン7。
いつからFOXTVで放映されるのかしら?

「シーズン7の終わりに予想外のクリフハンガーを用意している。そしてシーズン8につながっていく」
シーズン8、9も!と製作スタッフもシリーズ続行するような発言してますし。
まだまだ楽しめるのね!

普通これだけ長く続くとあきちゃうんだけど、どれだけ見てもあきない、大好きなドラマなので嬉しい!

そしてこんなにハマルならシーズン1から録画保存しておくんだったと後悔の念に駆られる私なのでした。
関連記事
at 18:50:00 | お気に入り | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。